スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国車は爆発炎上、中国製洗濯機では火災に

現代自の新型「アバンテ」、走行中に出火し爆発


韓国車爆発炎上

現代(ヒョンデ)自動車の新型「アバンテ」が走行中に出火し全焼する事故が起きた。

ソウル・鍾路(チョンロ)消防署によると、11日午前9時11分ごろ、鍾路区付岩洞(プアムドン)の北岳(プガク)スカイウェーで、付岩洞方面に向かっていた2011年式「アバンテ」が火災により全焼した。

乗っていたのは52歳の女性1人で、運転中に煙が出てきたため車を停めて降りていた。

消防署によると、女性は「車から突然煙が出てきたので降りたところ、しばらくして車が爆発した」と話しているという。

火災原因について消防署は、「車両が完全に焼失したため火元を見つけるのは難しい状況だ。ひとまずエンジン過熱による火災と推定している」と明らかにした。

現代自動車関係者は、「火災原因を究明するため事故当時の状況を把握する一方、火災車両を精密分析している」と述べている。


焼け死にたければ韓国車を



ハイアールの洗濯機で火災、約33万台をリコール


中国製洗濯機は火災の危険

 ハイアールジャパンセールスは、同社が輸入・販売した洗濯機について、発煙する火災事故が6件発生したと発表。対象製品について、無償で点検・部品交換をする。

 対象となるのは、ハイアールジャパンセールスが2002年から2006年に輸入・販売した、小容量の洗濯機18機種。2007年に解散した三洋ハイアール社の製品も含まれる。対象台数は合計329,406台

 経産省が公表した事故内容によると、発煙する火災事故6件のうち3件が、コンデンサーの製造工程において異物が混入したため、内部短絡が生じて絶縁劣化が徐々に進行、その結果コンデンサーが過熱し、発煙に至ったとしている。コンデンサーには、異常があった場合に運転を停止する保安装置が付いていなかったという。

 また、別の1件については原因を調査中だが、コンデンサーに膨張が認められているという。残りの2件については、電気配線の焼損が著しく原因は不明だが、製品に起因して事故が発生したと考えられるという。なおいずれの事故も、人的被害はない。

 ハイアールでは事故の再発防止を図るため、同様の事故が発生する恐れのある18機種について、11月12日より無償点検を実施。対象商品のユーザーに対し、問い合わせ窓口に連絡するよう呼びかけている。対象となる型番、製造番号は、ハイアールのホームページで公開されている。

 部品を交換する場合の作業時間は約1時間。点検はハイアールが提携している三洋電機サービスのサービスマンが訪問する。


火災にあいたければ中国製洗濯機を


コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【無料】時給56,800円稼ぐ時給富豪とは

プロフィール

何これ?画像

Author:何これ?画像
FC2ブログへようこそ!

最新記事
アツイ
カテゴリ
月別アーカイブ
当ブログ全記事
最新コメント
最新トラックバック
期間限定セット
Translator
キャンペーン実施中
何これ?ページ内検索
ランダムピックアップ
リンク
何これ?バナー

リンクフリーです。バナーはご自由にお使いください。バナーURLは↓バナーをクリック。

何これ?画像+YouTubeバナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Books
amazonで商品チェック
1円・100円パソコン

初期導入コストをお求めやすい価格でご提供する料金プラン!

何これ?ホームへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。