スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻薬密輸用の潜水艦を押収 ― エクアドル

ジャングルに隠された麻薬密輸用潜水艦を押収 エクアドル


麻薬密輸用潜水艦

エクアドル当局は2日、コカインの大量輸送を行う目的で建造された潜水艦を、同国とコロンビアの国境付近で押収した。同件に協力した米麻薬取締当局が明らかにした。

米麻薬取締当局が発表した声明によると、海洋での麻薬密輸活動に使用する目的で麻薬密輸組織により秘密裏に造られた潜水艦が押収されたのは今回が初めて。以前から捜査を進めており、エクアドル当局はこの潜水艦を初航海の前に押収できたという。

エクアドル当局によると、この潜水艦の船体は全長約30メートル、全高約3メートル。スクリューを2本搭載し、ディーゼルエレクトリック方式を用いている。潜望鏡や空調システムも備わっていた。

同件に関連しているとみられる人物が1人、当局により拘束されている。現在、関わりのある麻薬密輸組織および潜水艦に関する詳しい調査が進められている。

当局によると、麻薬密輸組織が従来使用してきたのは速度の遅い漁船や帆船などだった。しかし、こうした麻薬密輸専用の潜水艦が登場すると、航行距離や貨物の積載量が増大するうえに活動の秘匿性が飛躍的に高まることから、麻薬組織の海洋における活動を阻止することが困難になると予想されるという。

http://www.cnn.co.jp/world/AIC201007040008.html?ref=ng

コロンビアの空港では、


コカインでできたW杯のトロフィーのレプリカ

コカインのW杯トロフィー コロンビアの空港で発見


世界有数のコカイン生産国である南米コロンビアの首都ボゴタの国際空港で2日、コカインでできたサッカー・ワールドカップ(W杯)のトロフィーのレプリカが見つかり、警察当局は麻薬密輸事件とみて捜査に乗り出した。AP通信が3日報じた。

高さは実物と同じ36センチで、黄金色に塗られていた。トロフィー状に成型するため、ガソリンなどを混ぜたらしい。重さは約11キロ。

空港当局が2日、郵便物用の倉庫を調べたところ、箱の中にアルゼンチンなどの代表チームのユニホームと一緒に入っていた。スペインのマドリードあての荷物で、コロンビア国内の実在しない人物が差出人になっていたという。

AP通信によると、同空港では年間1トン以上のコカインが見つかっている。

http://sankei.jp.msn.com/world/america/100704/amr1007041009002-n1.htm

麻薬密売ビジネスの商い手法も進化している。


コメントの投稿

非公開コメント

【無料】時給56,800円稼ぐ時給富豪とは

プロフィール

何これ?画像

Author:何これ?画像
FC2ブログへようこそ!

最新記事
アツイ
カテゴリ
月別アーカイブ
当ブログ全記事
最新コメント
最新トラックバック
期間限定セット
Translator
キャンペーン実施中
何これ?ページ内検索
ランダムピックアップ
リンク
何これ?バナー

リンクフリーです。バナーはご自由にお使いください。バナーURLは↓バナーをクリック。

何これ?画像+YouTubeバナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Books
amazonで商品チェック
1円・100円パソコン

初期導入コストをお求めやすい価格でご提供する料金プラン!

何これ?ホームへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。