スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外IT企業、なぜ韓国だけ冷遇するのか

韓国だけ割高

 アップル、マイクロソフト、任天堂のような世界的な情報技術(IT)企業が韓国で商品を割高で販売したり、いい加減なサービスを行ったりしてひんしゅくを買っている。

 アップルは人気のMP3プレーヤー、iPod touch(アイポッド・タッチ)を米国での小売価格240ドル(約2万2400円、付加価値税5%を含む)よりも26%高い37万9000ウォン(約2万8500円)で販売している。アップルは今年3月、1ドル=1500ウォンに迫るウォン安を理由に主要製品の韓国における販売価格を10万ウォン(約7500円)引き上げた。しかし、為替相場はその後急速に安定し、既に数カ月も1200ウォン台を維持しているが、一向に価格見直しの兆しは見えない。


 米マイクロソフトは最近、韓国でインターネットからゲームをダウンロードできる「Xbox 360」のオンデマンドサービスを開始したが、価格を米国より最大30%高く設定した。米国で19.99ドル(約1870円)のゲームを韓国では2400MSポイント(約2450円)で販売している。その上、クレジットカード払いを受け付けず、500ポイント単位でチャージして使用する「MSポイント」だけを決済手段としているため、余計な追加費用が生じる。

 任天堂も家庭用ゲーム機「Wii」を韓国で発売してから1年半がたつが、インターネットブラウザーやゲームダウンロードなど海外での人気サービスをほとんど提供していない。当初「現地化コンテンツを速やかに投入する」としていた同社は、市場が予想よりも拡大したかったため、展開速度を遅らせている。

 このほか、300-400ドル(約2万8000-3万7000円)という安価で人気のネットブックが韓国では60万ウォン(約4万5000円)以上で売られるなど海外IT企業が韓国の消費者を差別する例が見られる。ある海外IT企業関係者は「韓国はITコンテンツを急速に受け入れる点では魅力的だが、市場規模を考えると、米国など他国よりも価格を割高に設定せざるを得ない」と話した。


コメントの投稿

非公開コメント

【無料】時給56,800円稼ぐ時給富豪とは

プロフィール

何これ?画像

Author:何これ?画像
FC2ブログへようこそ!

最新記事
アツイ
カテゴリ
月別アーカイブ
当ブログ全記事
最新コメント
最新トラックバック
期間限定セット
Translator
キャンペーン実施中
何これ?ページ内検索
ランダムピックアップ
リンク
何これ?バナー

リンクフリーです。バナーはご自由にお使いください。バナーURLは↓バナーをクリック。

何これ?画像+YouTubeバナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Books
amazonで商品チェック
1円・100円パソコン

初期導入コストをお求めやすい価格でご提供する料金プラン!

何これ?ホームへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。