スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスクワに現れた奇妙な雲(空)

スポンサーサイト

戦闘機がUFOを撃墜する瞬間(動画)



スペイン近郊の海で、UFOが戦闘機によって撃墜されるところを、現場近くにいた漁師たちが撮影したとされる映像。真相のほどは???

生きたカブトムシをリモコン操作(動画)



サイボーグの昆虫兵器を作り出すという目標が、現実にまた一歩近づいた。カリフォルニア大学バークレー校の研究チームが最近、カブトムシに電極を移植してカブトムシの飛行中の動きを制御することに成功したと発表したのだ。

「われわれは、無線機能を持ち移植可能な小型の神経刺激システムを使って、自由に飛行する昆虫を遠隔制御できることを証明した。[昆虫の]前胸背板に取り付けたシステムは、神経シミュレーター、筋肉シミュレーター、それに無線送受信機付きのマイクロコントローラーとマイクロバッテリーで構成されている」と、『Frontiers in Integrative Neuroscience』に掲載された報告の中で研究者らは説明している。

この研究は、米国防総省の国防高等研究計画庁(DARPA)からのサポートを受けたもので、『HI-MEMS』プログラムと呼ばれるDARPAの大がかりな計画の一環だ。このプログラムでは、マイクロメカニカル・システムを昆虫に移植して昆虫の動きを制御するさまざまな方法を中心に研究を続けている。

この野心的なプログラムに取り組んでいる研究チームの多くが、具体的な成果を報告している。たとえば、ミシガン大学の研究者らは、ガに装置を移植して飛行させる実験を行なっている(日本語版記事)。だが、UCバークレー校の科学者らは、飛行する昆虫の制御という点でめざましい進歩を遂げたようだ。彼らの報告によれば、カブトムシの脳の神経を刺激する移植装置を使用することで、カブトムシの動きを開始および停止させたり、飛行中のカブトムシを制御したりできるいう。飛翔筋を刺激することで、飛行する方向を指示することさえできる。

マインドコントロールされたこれらの昆虫は最終的に、「人間や地上ロボットでは近づきにくい場所に向かう工作員としての役目を果たす」ために利用できるようになるだろう、と彼らは述べている。


砂漠からの砂嵐でシドニーが火星のように赤く染まる

シドニーなどオーストラリア東部で23日、大規模な砂嵐により町がまるで火星のように赤く覆われました。視界不良でシドニー国際空港から発着する航空便が他の空港に目的地変更したり、大幅に遅れる影響が出たもよう。

同国気象台によると、砂漠地帯から秒速30メートル近い強風が吹いたのが原因。これほど大量の砂が広範囲に降るのは70年ぶりになるという。中央部では干ばつが続いており、地球温暖化との関係を指摘する声もある。

シドニーの街は一時、赤い砂嵐に包まれ、同国のメディアは「まるで火星のよう」などと報じた。23日午後も砂交じりの強風が続いており、保健当局は子供や喘息の人は外に出ないよう呼び掛けた。


メキシコで宇宙人?の子供が発見される!



宇宙人の子供が動物の罠用に掘った穴に落ちているところを農夫が見つけ、息絶えるのを見届けてから専門家のもとに届け出たそうです。現在のところ学者たちの鑑定では人造物でないことは分かっているとの事。メキシコといえば、度々UFOが目撃されることで有名ですが、日常的にUFOや宇宙人が目撃されている地域での出来事です。


ウォータースライド 大ジャンプ成功?



フェイク?それともリアル?

【無料】時給56,800円稼ぐ時給富豪とは

プロフィール

何これ?画像

Author:何これ?画像
FC2ブログへようこそ!

最新記事
アツイ
カテゴリ
月別アーカイブ
当ブログ全記事
最新コメント
最新トラックバック
期間限定セット
Translator
キャンペーン実施中
何これ?ページ内検索
ランダムピックアップ
リンク
何これ?バナー

リンクフリーです。バナーはご自由にお使いください。バナーURLは↓バナーをクリック。

何これ?画像+YouTubeバナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Books
amazonで商品チェック
1円・100円パソコン

初期導入コストをお求めやすい価格でご提供する料金プラン!

何これ?ホームへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。